小津安二郎生誕115周年特別企画 小津監督誕生の地を訪問してきた

小津安二郎誕生の地

今年は小津安二郎生誕115周年という中途半端な区切りではありますが、暇だったこともあり、とりあえず小津監督生誕の地へと行ってきました。

小津監督生誕の地は、清澄白河駅と門前仲町駅の丁度中間ぐらいの位置にあります。

どちらの駅から歩いても10分もかからないと思います。

スポンサーリンク

今回私は、門前仲町駅から歩いて行きました。

門前仲町駅から行く場合は、「赤札堂」のある出口から出て歩いたほうが分かりやすいかと思います。

まず門前仲町駅を出まして、「赤札堂」側に清澄通りをまっすぐ歩いて行きます。

「赤札堂」のすぐ先に首都高が見えてきますので、首都高を抜けて信号を渡ると、「えんま堂」が見えてきます。

えんま堂の入り口です。

閻魔大王です。

そのまま「えんま堂」を過ぎて清澄通りをまっすぐ歩いて行くと、歩道橋が見えてきます。

歩道橋を渡った道路の向こう側に「小津安二郎誕生の地」の記念碑があります。

小津監督はここで生まれたんですね。

現在はマンションが建っちゃってて、何の感慨も湧いてきません。

付近に清澄庭園とブルーボトルコーヒーがありますが、記念碑の周りは普通に東京の住宅街といった趣きです。

ちなみに小津監督は誕生日と亡くなった日が12月12日と同日です。

今年で没後55年でもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました