映画『マンマ・ミーア!』の感想と評価

ミュージカル

マンマ・ミーア! (吹替版)

作品情報

製作年:2008年 製作国:アメリカ 監督:フィリダ・ロイド 脚本:キャサリン・ジョンソン 音楽:ベニー・アンダーソン/ビョルン・ウルバース 出演:メリル・ストリープ/ピアース・ブロスナン/コリン・ファース/ステラン・スカルスガルド/アマンダ・セイフライド/ドミニク・クーパー/ジュリー・ウォルターズ/クリスティーン・バランタスキー/他 上映時間:108分

スポンサーリンク

あらすじ

エーゲ海に浮かぶ小さな島でボロホテルを営んでおります、ドナとソフィの母娘。

ソフィは父を知らずに育ちましたが結婚を間近に控え、父とバージンロードを歩いてみたいという、ささやかな願いを叶えるべく、ドナがまだ若い時分に書き記しておりました日記を盗み見し、そこから検討いたしまして、父親の可能性のある3人の男性に対して、誰にも相談せずに自分の結婚式の招待状を勝手に送付してしまいましたから、さあ大変!

『マンマ・ミーア!』の感想と評価

同名ミュージカルの映画化作品ですが、これがまた面白い。

何が面白いって、メリル・ストリープなどの当時既に初老の年齢に達していた役者連中にABBAの曲に合わせて、一生懸命に歌って踊っている姿が楽しい。

『マンマ・ミーア!』のミュージカル自体が、伝統的なミュージカルとは一線を画すジュークボックス・ミュージカルと呼ばれる、ミュージカル用に書き下ろされた曲を使うのではなく、既存の楽曲を使用したミュージカルで玄人筋の方たちからは噴飯モノのミュージカルなんでしょうが、それでもミュージカルのほうは映画に比べればもっとちゃんとした物だと思います。

日本では劇団四季がやってましたから。

だけど映画は映画で良い。

既存のミュージカル映画に比べたら、演者の年齢的な事情もあって上手く歌えない、踊れないしで、迫力もないし、コントやカラオケ的なノリで全体的にこじんまりしてはいるんだけれども、それを逆手に取ってのミュージカル映画を成立させているとは思いますねえ。

これは画期的なことですよ。

個人的評価

巨匠
巨匠

この映画の評価は☆☆☆☆

続編も楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました