映画『バクマン』褒められるのはサカナクションの曲だけ

バクマン。

作品情報

製作年:2015年 製作国:日本 原作:大場つぐみ/小畑健 監督:大根仁 脚本:大根仁 音楽:サカナクション 出演:佐藤健/神木隆之介/小松菜奈 他 上映時間:120分

スポンサーリンク

あらすじ

二人の高校生が漫画家を目指して週刊少年ジャンプでの連載を目標にして漫画描いてみたらジャンプの編集者に認められて連載できたけどジャンプには同じ高校生の天才漫画家のすごい奴がいてそいつを越えるため頑張って漫画を描き続ける。

『バクマン』の評価と感想

原作未読で鑑賞。

藤子不二雄の「まんが道」のような漫画に情熱を懸けた青春物と思いきや、良くも悪くも少年ジャンプの王道バトル漫画的な作品。原作はどうか知りませんが、けっして青春物の映画じゃあない。

けど当サイトでのカテゴリー分類では、この作品をどのジャンルのカテゴリーに分類するべきなのか考えるのが面倒な為、とりあえず青春のカテゴリーに分類しておきます。

しかし、現実の漫画業界の世界に少年ジャンプの王道バトル漫画の要素を入れるとこうもつまらなくなるんですね。

実際の漫画編集部を舞台にしてたらもっと面白くなってもよさそうなんですが、いや、多分原作のほうはもっと業界のこととかいろいろネタにしてたんじゃないかとは思うんですよ。まあ「ワンピース」とか、ああいったジャンプの王道バトル漫画が好きな人からみればこの映画も面白くは感じるんでしょうけど。

私なんかはこの映画に対しては怒りすら覚えますけどね。

とにかく演出が酷すぎて、特に漫画を描いているときの演出があまりにもテキトー過ぎる。

ワイヤーアクションを使って漫画を描くという演出もしょーもない演出だとは思うけど、それはいいや別に。

それより本当に漫画を描いている場面での演出だよ。問題なのは。

登場人物たちがみんなアナログで漫画を描いているんですけど、その時にインクが顔とかシャツやなんかに付着しているんですよ、これは漫画家が「一生懸命に漫画を描いているんだ!」っていう記号的な意味合いでしかないんですが、まあ、しょーもない幼稚な演出ではあるんですけどインクが顔やシャツに付着しているぶんにはまだいい。

問題は手にまでインクが付着しているということですね。両手の指全てに。

それで手を洗いもしないでインクが付いた手のままで直に原稿用紙に触れているのに原稿用紙には一切インク汚れがないという有様。

しかも夏場のクーラーの効かない部屋で、インクで汚れたままの手で漫画を描いていてもですからね。そんな状況で漫画を描いても原稿用紙だけは油汚れもインク汚れも一切ない、凄くキレイな状態。

いやいやいやいや、そんなの絶対にあり得ないって!

まだあります。

主人公たちのライバルである天才高校生漫画家の新妻エイジ。これは染谷将太が演じています。

この新妻エイジ、高校生でありながら主人公たちよりもいち早く少年ジャンプで連載を受け持ち、その作品は少年ジャンプの読者アンケートで常に上位に位置し続けているという、これも現実的にはあり得ない設定ではありますが、問題は非現実的な設定ではなく新妻エイジの漫画を描いているときの演出です。

新妻エイジはアシスタントも雇わずに一人で週刊連載の漫画を描いているのですが、ここの描写がたった一人で週刊連載の漫画を描いているわりには特別に速いペースで描いているわけでもなく、なんか普通のペースで描いているだけ。

ここの演出、明らかに手を抜いてるよね、というか特に演出付けてないよね。ここの場面。

漫画評論家の夏目房之介さんはデパートかなんかの催し会場で、あの漫画の神様である手塚治虫がパフォーマンスとして漫画を描いている姿をお客さんに披露していた場に居合わせたことがあるらしいのですが、その時の手塚治虫の漫画を描くスピードが尋常じゃないぐらい速く、原稿用紙を机の上でくるくる回転させながら描いていた(原稿用紙を回転させるというのはインクというものが速乾性ではないため、乾いていないインク部分に触れないようにしながら描くとなると原稿用紙を横向きにしたり上下ひっく返したりしながら描くということ)と証言していました。

高校生とはいえ天才漫画家というのを登場させてるんだったら、手塚治虫のこういったエピソードなんかを少しは映画に取り入れろっての!

こういうテキトーな演出を見ると、この映画の監督は今までにいくつもの漫画作品をドラマや映画で演出を手掛けたり監督をしたりしているけれども、それは別に漫画が好きだからということではなくて、いちから脚本を作り上げて企画を通すよりも売れてる漫画を利用したほうが企画も通りやすいし、脚本を書くのも楽だし、お金も集まりやすいんだもんね☆というビジネス的側面でしか漫画に興味がないというのがよくわかる、そんな映画でした。

個人的評価

巨匠
巨匠

この映画の評価は☆

とにかく漫画を舐めてるよ💢

コメント

タイトルとURLをコピーしました