映画『サンザシの樹の下で』なんか実話らしいです

ラブロマンス

サンザシの樹の下で (字幕版)

作品情報

製作年:2010年 製作国:中国 監督:チャン・イーモウ 脚本:イン・リーチュエン 出演:チョウ・ドンユィ/ショーン・ドウ/シー・メイチュァン/リー・シュエチェン 他 上映時間:114分

スポンサーリンク

あらすじ

あまりにも偉大な毛主席のすばらしい提案により都会から農村にホームステイをする事になった女子高校生のジンチュウ。ホームステイ先で地質調査に来ていた好青年スンと知り合い、二人はたちまち恋に落ちるのでした。

『サンザシの樹の下で』の感想と評価

実話を基にした小説を映画化したらしいのですが、映画を観た限りではこれ本当に本当の話なの?と思わなくもない。特に時代背景としている文革時代の描写なんかはかなり怪しいんだよなあ。

文革時代なのにほのぼのした感じなんですよね。なんか古き良き中国みたいな描写で、文革時代なのに。

中国の事だから当然国内のよくない事をありのままに描写したら当局の検閲に引っかかるから、ああいう描写になったんだろうなということを想像してしまいます。

それ以外に疑わしいのがヒロインの女の子ジンチュウの描き方なのですが、ヒロインはチョウ・ドンユィというとても可愛らしい女優さんが演じております。ちなみにこのチョウ・ドンユィちゃんは「ドラえもん STAND BY ME」の中国語版でしずかちゃんの吹き替えを担当しておりまして今や中国では絶大な人気を誇る女優さんです。

それでこのヒロインであるジンチュウ、友達が未婚なのに妊娠してしまい、親に内緒で堕胎するってんで付き添いで病院に一緒に行くんですが、病院の待合室で友達からアンタは彼とどうなの?あんなこといいな、できたらいいな❤的なことはどうなの?と聞かれるんだけど、ジンチュウはあんなこといいな、できたらいいな❤というのをまったくよくわかっていないという・・・・・・

いくら文革時代の中国とはいえこれはないだろう。

この映画のポスターだけを見ると昔の「初恋のきた道」以前のチャン・イーモウ監督作品ぽい印象を受けるけど、その頃の作品とは程遠いものです。

あまりにも狙いすぎてある意味「三丁目の夕日」的な、いかにも作り物という印象は拭えない。

「世界の中心で愛を叫ぶ」とかああいった純愛ものが大好物の方にはたまらないものがあるんでしょうが、私にはまったく合いませんでした。

とはいっても役者さんたちは好演しているとは思いました。ヒロインのチョウ・ドンユィはもちろんのこと相手役のショーン・ドウなどもとても良かったと思います。この人は若い時分の中井貴一に似ていますね。原口あきまさもちょっと入ってる感じ。

最後に役者にやんわりとではありますが、政治批判的なニュアンスのセリフを言わせているのはチャン・イーモウのささやかな抵抗であると感じました。

個人的評価

巨匠
巨匠

この映画の評価は☆☆だけど・・・・・・

巨匠
巨匠

ドンユイちゃんの評価は☆☆☆☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました