Netflixオリジナル映画『アフターパーティー』はつまらない駄作

Featured Video Play Icon コメディ

作品情報

製作年:2018年 製作国:アメリカ 監督:イアン・エデルマン 脚本:イアン・エデルマン 出演:ハリソン・ホルツァー/カイル・ハーヴイー/ジョーダン・ロック/ロビー・デマ/ジェイダキス/他 上映時間:99分

スポンサーリンク

あらすじ

ラッパー志望のオーウェンは晴れ舞台でゲロ吐きながら痙攣を起こしてしまい、その醜態はたちまちのうちにSNSで拡散され、あろうことか「痙攣ボーイ」なんて名づけられネタにされる始末。

ヒップホップスターへの道は遠ざかるばかり。

『アフターパーティー』の感想と評価

私は今年の3月からNetflixの無料体験を始めてから、そのまま有料会員になってNetflixを利用し続けていて、これまでに実に様々なNetflixオリジナル作品を視聴してきました。

それで気づいたことがあるのです。

Netflixオリジナル作品の映画は、そのほとんどが面白くないという真実に。

10本に1本ぐらい面白い作品があればマシなほうです。

そして今回紹介するこの『アフターパーティー』は、個人的に今までに視聴してきたNetflixオリジナル映画の中でも、ぶっちぎりで面白くないと感じた作品でしたね。

これは私がヒップホップにたいして興味がないってのもあるんですが、それでもこの『アフターパーティー』の視聴後に、同じくNetflixで口直しに観た『ロクサーヌ、ロクサーヌ』の方はヒップホップに興味がない私でも楽しめたんですけれどもねえ。

『アフターパーティー』は、主役のカイルを始めとしてヒップホップスターたちが多数出演しているんですが、そういった人たちによる学芸会レベルでしかないようなシロモノですよ。

深夜にアイドルがやってるオタ専ドラマと一緒。

現在放送中の『マジムリ学園』。これもAKBに興味がなかったら、まったく楽しめるもんじゃないですからね。

私も横山由衣目当てで『マジムリ学園』を視聴しているのですが、横山由依が出てなかったら、あんなクソドラマ視聴してませんよ。

個人的評価

巨匠
巨匠

この映画の評価は☆

オタ以外の視聴はオススメしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました